俳優の仕事内容について

俳優の仕事内容について
俳優とは、映画や舞台、テレビドラマなどで演技を行う人のことをいい、様々な場所を職場とします。特に必要な資格はありませんが、その演技を見た観客や視聴者の心を動かし、人の心を掴むことが俳優の仕事の本質です。こちらでは、俳優の具体的な仕事内容について紹介していきます。
オーディションや養成所から始まる

俳優になるために特に資格は必要ありませんが、俳優養成所や専門学校で演技力を磨いたり、オーディションへの合格、事務所に所属してからトレーニングを行うなどの過程を得て、表舞台に立つことができます。また、事務所に所属したからといって、すぐに俳優や女優の活動ができるわけではなく、作品毎に開催されるオーディションに合格して初めて、テレビやドラマに出演することができます。

役をつかみ取ったら

テレビドラマや映画、舞台はまず最初に、読み合わせという作業から始まります。出演者・演出・制作スタッフの顔合わせの意味もあるこの読み合わせで、役者は自分の台詞を話します。多くの役者は、役作りをした上でこの読み合わせに臨み、共演者が作って来たキャラクターや、間の取り方を掴みます。そして、撮影前に稽古やリハーサルを重ね、本番を迎えます。

求められた仕事をこなす

基本的に役者というのは、演出家や監督が思い描く世界を作り上げるための「コマ」です。役者によっては自分なりの演技プランを持ち、それが監督や共演者の意見と合わず、意見を戦わせる人もいるでしょう。しかし、どう演じるかを定め良い作品を作るために、求められた演技をするのが本質的な仕事と言えるでしょう。

スターバンクは、エンタメ業界最大級のオーディション・お仕事マッチングサイトです。俳優をはじめ、歌手やアイドルを目指している方のために、オーディション情報を提供し、事務所のオーディション募集も行っております。東京で俳優になりたいと考えている方はその第一歩として、スターバンクをご利用ください。